法人携帯を検討中の方に役立つ情報をご紹介!

法人携帯のお役立ちサイト
法人携帯のお役立ちサイト TOP

法人携帯のお役立ちサイト TOP

経営者が冒す5つの間違いをチェック

携帯電話事業者が、相次いで法人向けのサービスを強化しているようです。
番号ポータビリティとなって以来、携帯電話は一般個人をターゲットとしたサービスやメニュー、端末に目が行きがちでしたが、携帯電話の販売業者が法人向けに打ち出したサービスやメニューには、導入企業にとって多くのメリットがあるようです。

携帯電話事業者が、法人向けのサービスを強化する理由とは、法人の携帯電話の契約数が近年になって伸びているからのようです。
その伸び率について過去1年間をみてみると、法人向けが個人向けの約2倍となっているというデータが出されています。
特に法人契約の場合では、ほとんどの場合、全社員が同じ携帯電話事業者と契約するため、大規模な台数を一気に獲得できるというのが、携帯電話業者にとっては大きなメリットでしょう。


個人向けと異なる法人向けの携帯

現在ではテレビCMをはじめとして、携帯電話の新機種の発売を誰もが知る事が出来ます。

しかも、個人向けの携帯電話の場合、新機能を搭載した多品種の携帯電話機が、3カ月ごとに店頭で入れ替わっていることをご存知でしょうか。
携帯電話事業者やメーカーは、端末に搭載する機能を次々に開発していき、デザインや色のバリエーションも多数そろえて、短期間で売り切るようにしているのです。
つまり携帯電話事業者もメーカーも、絶えず新しいものを販売し続けている状態なのです。

しかしそれとは反対に、法人向けの携帯電話は、個人向けとは全く逆方向のニーズが強くなっています。
それは例えば、一つの会社内であれば、できるだけ端末は同一機種であることが望まれるということです。
というのも、同じ業務で複数の社員が利用するためには、端末によって画面サイズが異なったり、利用できる機能に異なったりするのではとても不便だからです。

しかも、企業は同一の端末を長く利用したがるということもあるようです。
これは、初期費用が発生しているという理由だけではなく、業務システムと端末の機能を連携させるには、端末が短期間で入れ替わっては困るという理由からのようです。
これは、携帯電話事業者やメーカーからしてみると、端末のバージョンアップを迫られず、じっくりその端末を販売できる、ということになります。

その上、企業ではセキュリティの観点から、携帯電話には複雑な機能やデータなどは必要とされていないのです。
このことは企業によっては、今では携帯電話では当たり前となっているカメラ内蔵でさえ、必要としていないところもあるそうです。
つまり、企業向けの携帯電話とは、企業が管理しやすい端末であることが求められているということではないでしょうか。


携帯電話販売業者を見極める

法人用と個人用とでは、必要とされる携帯電話機に求められるものが異なってくると、携帯電話の利用者は、企業内と個人用の携帯電話を別にして使い分ける人が増えてくるでしょう。

ということは、一人が法人用と個人用で2台以上の携帯電話を持つということになり、携帯電話の販売業者やメーカーからすると、契約数を伸ばせることにつながると言えます。

またこうした中で、携帯電話の法人向けの機能として、携帯電話など移動電話を、内線に取り込むシステムが取り入れられています。

このように、携帯電話販売業者が法人に対するに携帯電話に力を注ぐようになっています。
そのような中で、それぞれの便利なサービスを導入する企業側では、法人携帯を自社に導入することで、どのようなメリットがあるのかを見きわめて、携帯電話販売業者やメーカーを選ぶことが、さらに必要になってくるのではないでしょうか。

というのも、携帯電話販売業者やメーカーは、さまざまなサービスの提案を行ってきます。そのため、実際に導入する企業にとって、たいしたメリットがないものであれば、法人携帯を導入することによるメリットがないばかりか、経費削減のつもりが、かえって余計な経費をかけることになる可能性もあるからです。


トップへ